結婚の悩み相談や恋愛相談OBERON

結婚相談出会いと出会い結婚相談のOBERON
サロン 東京都港区赤坂9-6-28 アルベルコ乃木坂
TEL 090-8805-8765 
当日予約はお電話ください。 
カウンセリングの予約確認 

今日が終わり明日になる、今日も満足、明日も満足、幸せになる為に

鑑定の内容:霊視によるご相談です。
恋愛相談、結婚相談出会い、出会い相談、復縁相談元彼、悩み相談
職場の恋愛、人間関係、前世のカルマ、将来への不安など
★オーラリーディングやヒーリングも致します。
★電話相談も致します。
★出張鑑定も致します、

記事一覧(117)

純粋で良い人を馬鹿にしながら、憧れるのが人間の愚かさ

生きざま死にざまに人間の深淵をかいま見ることにだけ感動し、そこにだけ「ほんもの」「にせもの」というー実は単純なー人間の分類法を見出す、ほとんど処置なしのロマン的思考の氾濫!丸山眞男 いつも覚えていてください。あなたは自分で思うよりも勇敢で、見た目より強く、そして考えているより賢い、ということを。アラン・アレキサンダー・ミルン  目に見えないもの、思いや感じや考えのことをひとまとめにして「心」と呼んでいるけれど、同じ目に見えないものの中でも、動いて変わる部分と、動きも変わりもしない部分とがある。前者が感情、後者が精神だ。感情は感じるもので、精神は考える物だ。池田晶子 考えてみると世間の大部分の人は悪くなることを奨励しているように思う。悪くならなければ社会に成功はしないものと信じているらしい。たまに正直な純粋な人を見ると、坊っちゃんだの小僧だのと難癖をつけて軽蔑する。夏目漱石 「社会」なんてものを目で見た人はいないのに、人はそれが何か自分の外に、自分より先に、存在するものだと思っている。思い込んでいるんだ。それが自分や皆でそう思っているだけの観念だということを忘れて、考えることをしていないから、思い込むことになるんだね。池田晶子

幸せを感じる事ができる、一瞬でも素晴らしいこと、恋愛相談

学生時代からお付き合いを始めると、どうしても長い交際期間となります。社会人となって、生活も落ち着いてきたからそろそろ結婚を考えたい。そう思っていても、彼の方はそんなそぶりは全くみえない。でも、自分の方から逆プロポーズする勇気はないし、やっぱり彼からプロポーズしてもらいたい。恋人としてのお付き合いが長いと、結婚へ踏み切るタイミングは難しいのかもしれません。もしかしたら、ひそかに彼の方もタイミングに悩んでいるのかもしれません。長い春の2人が、結婚を意識するきっかけは、・転勤や昇進などの仕事の転機・家族が病気になって安心させたい・出産を考えた時の女性の年齢などが、多いようです。ちなみに男性が結婚を考えるきっかけの中に、女性からの逆プロポーズもありました。長いお付き合いになって、関係が安定しているとそこから抜け出すためには勇気もパワーも必要かもしれません。ですが、何もしなければ変化が起きないのも事実。きっかけを作ろうと動くのならば、くれぐれも詰め寄るような形にならないように。「面倒くさいから、別れよう」なんて事になりかねないので、気を付けて。彼が結婚を躊躇する理由が自分にあるのか、これまでタイミングがなかっただけなのか…。その見極めも重要です。前者ならば、どこかで割り切る必要がありそうです。今お付き合いしている彼が、浮気症で…。別れたくないし、いずれは結婚したいと考えているけれど、やっぱり不安もぬぐえない。できれば、もう浮気はしないでほしい。浮気症の彼とお付き合いしている人にとっては、共通の悩み。浮気症の男性は、お付き合いする女性には浮気をしない一途なタイプを選ぶそうなので、そんな悩みをかかえる貴女は、彼だけを大切に思っているのだと思います。例外があるとはいえ、浮気症の男性は、結婚しても浮気症。浮気の程度は変わるかもしれませんが、女性と仲良くするのは変わらないと思われます。ですから、交際相手や結婚相手に安らぎや誠実さを求めるのならば、辛くても浮気症の彼とは縁を切った方が良いのかも。彼自身を大好きで、どうしてもお付き合いを続けたい、結婚したいと考えているのならば、できるだけ彼が浮気をしないように自分でも努力してみましょう。まずは、一度、彼には「浮気をするのはダメ、浮気をしたら別れる」とはっきりと伝えましょう。「コイツは浮気をしても許してくれるから大丈夫」などと決して思われないように。彼の事を受け入れる事はもちろん大切ですが、彼への依存もしすぎないこと。あなたが「彼の事が最優先。彼の事でいっぱい」になってしまうと、あなたの気持ちを引こうとする労力を他の女性に使うようになってしまうようですよ。

行動は運勢を変える、楽しめばいい、出会い相談

だれかに恋するってどんな感じなの?「あの人カッコイイな」「ステキで憧れる」という気持ちは分かるし、友情としての「好き」も分かる。でも、「恋愛感情」がよくわからない。いい歳をして初恋もまだなんて恋愛相談を今さら親しい人たちにはできないと思っている方も少なくないようです。皆で恋バナしていて、好きな人の名前を出さなくてはいけなくなったら、苦し紛れに「カッコイイな」と思っている人の名前を出したりしてきたけれど、かといって交際したいか?と言われると、それは違うと思う。友人からの恋愛相談を受けても、恋愛感情が良く分かっていない自分がアドバイスしていいのかと不安になってしまいます。自分ってもしかして、どこか感情が書けてしまっているのかもと不安にもなりがちです。その不安を自分に近い人に相談するのは、ちょっと勇気が必要だったりします。そんな時には、思い切って第三者に恋愛相談してみましょう。恋愛感情がよくわからないというのも、立派な恋愛相談です。あなたがまだ恋愛感情がよくわからないのは、これから素敵な出会いがあるからなのかもしれません。どうすれば出会いを見つけられるのかも、第三者ならではの視点でアドバイスをもらえることでしょう。出会い結婚相談と結婚相談恋愛

出会いへの不安や結婚への心配、そんな時の相談を

どんな人生を送れたらいいな、と思いますか。理想をもって生きていくのは素晴らしいことです。またぜひ叶えて欲しいものです。理想を現実とする人生を歩んでいけることは多くの方が望んでいることでしょう。ただ、必ずしも理想を「達成しなければいけない」わけではありません。人生相談では多くの方のお悩みに接してきました。「~しなければならない」ことに囚われ過ぎてしまうのは、また大変なことです。本来の理想が「しなければならないこと」に変化してしまい、苦しみだけになってしまうように感じることもあります。人生相談は、人生でままならないことをゆっくり相談できる場です。100人いれば100通りの人生の理想や正解があるはずですが、苦しいだけの目標となってしまっている場合、なかなか自分だけで抜け出すことができづらいでしょう。たくさんの方の人生相談は、「解決」だけを目的としているわけではありません。むしろ解決すべきかどうか、自分と向き合うために現実や気持ちを整理するために寄り添っています。人生の中で一時辛い状況があったとしても、人生相談ではどのように整理するかお付き合いしています。最後までお付き合いする、それが人生相談なのです。