出会い結婚相談

哲学という言葉を使うと、みなさんは哲学という何者かがあるように思われるようです。

書物だとか偉い人の考えだとか、学校で教わる講義とか哲学史、学説、そういうものが哲学だと人は思う。

だからそんなものはないということを言いたいために、私は哲学という言葉を使わずに「考えること」というふうに言うんです。

何かそういう事柄をお勉強するというふうになると、それはもう哲学ではないんですね。

極論すれば哲学者の本だとか学校の先生の言うこととか何もなくても、手ぶらで零から、不思議について考えることはできるし、またそうするべきことなのです。

(略)

あえて何を考えるのかという、「何を」を説明してみますと、これは先ほどから言っている「不思議」、自分であるということとか、宇宙が在るという絶対的不思議、これがどういうことか知りたい、考えていけば無限の話ですからどこまででも行ってしまいますが、それらはすべて日常のこの人生に端を発していることでして、だから何を考えているのかというと、人生を考えているといっても全然間違いではありません。

 池田晶子


学生時代からお付き合いを始めると、どうしても長い交際期間となります。

社会人となって、生活も落ち着いてきたからそろそろ結婚を考えたい。

そう思っていても、彼の方はそんなそぶりは全くみえない。

でも、自分の方から逆プロポーズする勇気はないし、やっぱり彼からプロポーズしてもらいたい。

恋人としてのお付き合いが長いと、結婚へ踏み切るタイミングは難しいのかもしれません。

もしかしたら、ひそかに彼の方もタイミングに悩んでいるのかもしれません。

長い春の2人が、結婚を意識するきっかけは、

・転勤や昇進などの仕事の転機

・家族が病気になって安心させたい

・出産を考えた時の女性の年齢

などが、多いようです。

ちなみに男性が結婚を考えるきっかけの中に、女性からの逆プロポーズもありました。

長いお付き合いになって、関係が安定しているとそこから抜け出すためには勇気もパワーも必要かもしれません。

ですが、何もしなければ変化が起きないのも事実。

きっかけを作ろうと動くのならば、くれぐれも詰め寄るような形にならないように。

「面倒くさいから、別れよう」なんて事になりかねないので、気を付けて。

彼が結婚を躊躇する理由が自分にあるのか、これまでタイミングがなかっただけなのか…。その見極めも重要です。

前者ならば、どこかで割り切る必要がありそうです。

今お付き合いしている彼が、浮気症で…。別れたくないし、いずれは結婚したいと考えているけれど、やっぱり不安もぬぐえない。できれば、もう浮気はしないでほしい。

浮気症の彼とお付き合いしている人にとっては、共通の悩み。

浮気症の男性は、お付き合いする女性には浮気をしない一途なタイプを選ぶそうなので、そんな悩みをかかえる貴女は、

彼だけを大切に思っているのだと思います。

例外があるとはいえ、浮気症の男性は、結婚しても浮気症。浮気の程度は変わるかもしれませんが、

女性と仲良くするのは変わらないと思われます。

ですから、交際相手や結婚相手に安らぎや誠実さを求めるのならば、辛くても浮気症の彼とは縁を切った方が良いのかも。

彼自身を大好きで、どうしてもお付き合いを続けたい、結婚したいと考えているのならば、

できるだけ彼が浮気をしないように自分でも努力してみましょう。

まずは、一度、彼には「浮気をするのはダメ、浮気をしたら別れる」とはっきりと伝えましょう。

「コイツは浮気をしても許してくれるから大丈夫」などと決して思われないように。

彼の事を受け入れる事はもちろん大切ですが、彼への依存もしすぎないこと。

あなたが「彼の事が最優先。彼の事でいっぱい」になってしまうと、あなたの気持ちを引こうとする労力を

他の女性に使うようになってしまうようですよ。

悲しいから涙を流すのではない。相手を責め、同情や注目を引くために泣いているのだ。

本人も意識してないうちに、涙により同情を集めたり、注目を得たり、

時には抗議や復讐であることもある。成功パターンとして繰り返し使われる。


カッときて自分を見失い怒鳴った、のではない。

   相手を「支配」するために「怒り」という感情を創り出して利用したのだ。

感情の使用目的は、一つは相手を操作し支配する。もう一つは、自分自身を突き動かすため。


感情は車を動かすガソリンのようなもの。感情に「支配」されるのではなく、「利用」すればよい。

感情という心の声にジッと耳を傾けることで、一歩踏み出す、もしくは退くきっかけが見つかる。


不安だから、外出できないのではない。外出したくないから、不安を作り出しているのだ。

不安という原因により行動が規定されるのではなく、逆に目的が先にある。

リスクをとりたくないのだ。


Alfred Adler




結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 結婚 

アルトゥル・ショーペンハウアー  

寒い冬の日、 二匹のヤマアラシがおたがいの体温で体を温め合おうとした。 

しかし、彼らの身を守るトゲが邪魔になって 抱き合うことができなかった。  


恋人同士のジレンマを上手い言い方だ、人は一人じゃ嫌だと言いながら、相手に向かい、うるさいあっち行けという、結局その時の気分で変わる。 教訓は分かっても、上手く距離感を保つ方法は、結果人それぞれになる、いろいろ読んでも、これだっていう感じがない、何回も喧嘩して、また仲直りして、感情をお互いに理解できるしかない。 本当に人間は、刺を持って生きている、近付けば刺し、遠のけば刺を隠す、嫌な性格だ。 でもそれでも、また好きなり、君しかいないと言う、これは大いなる芝居だ、何度やっても面白い、きっとそうなのだ。

僕の魂は、もし燃え上がらなければ苦しむ業火なのです。 

スタンダール 

軽蔑というのは、馬鹿丁寧な言葉のうちに、いつも巧みに隠されている。 

スタンダール『赤と黒』 

性格を別にすれば、人はあらゆるものを孤独の中で獲得することができる。 

スタンダール 

確固たる性格を持つには、自分に対する他人の影響を経験したことがなければならない。 

スタンダール 

人間の値打ちを増すのは死刑の宣告のほかにはない。金で買えないのはこれだけだから。 

スタンダール 

だれかに恋するってどんな感じなの?「あの人カッコイイな」「ステキで憧れる」という気持ちは分かるし、友情としての「好き」も分かる。でも、「恋愛感情」がよくわからない。

いい歳をして初恋もまだなんて恋愛相談を今さら親しい人たちにはできないと思っている方も少なくないようです。

皆で恋バナしていて、好きな人の名前を出さなくてはいけなくなったら、苦し紛れに「カッコイイな」と思っている人の名前を出したりしてきたけれど、かといって交際したいか?と言われると、それは違うと思う。

友人からの恋愛相談を受けても、恋愛感情が良く分かっていない自分がアドバイスしていいのかと不安になってしまいます。

自分ってもしかして、どこか感情が書けてしまっているのかもと不安にもなりがちです。

その不安を自分に近い人に相談するのは、ちょっと勇気が必要だったりします。

そんな時には、思い切って第三者に恋愛相談してみましょう。恋愛感情がよくわからないというのも、立派な恋愛相談です。

あなたがまだ恋愛感情がよくわからないのは、これから素敵な出会いがあるからなのかもしれません。どうすれば出会いを見つけられるのかも、第三者ならではの視点でアドバイスをもらえることでしょう。


出会い結婚相談と結婚相談恋愛



もし私が再びこの人生を繰り返さねばならないとしたら、私の過ごしてきた生活を再び過ごしたい。過去を悔まず、未来を恐れもしないから。


生きるということは、死ぬ日まで自分の可能性をあきらめず、与えられた才能や日々の仕事に努力しつづけることです。


トーマス・ジェファーソン

すべての人に丁寧に接しなさい。だが、親密に接することはあまりしてはならない。

新聞なしの政府と政府なしの新聞、いずれかを選択しろと問われれば、私は少しも躊躇せずに後者を望むだろう。

法の執行は、法を制定するよりも重要である。

すべての世代が新たな革命を必要としている。

正しい心の姿勢を持っている人が、目標を達成するのを阻むものは何もない。間違った心の姿勢を持っている人を、助けられるものなど存在しない。

敵は通常、言いたいことを言い、信じたいことを信じるものだ。

遅れは間違いよりましである。

ついに起こらなかった害悪のために、われわれはどれほど多くの苦しみを味わされたことか!

人の嗜好を法で支配することはできない。

私の心が知る最も幸福な瞬間は、心からの愛情を、二、三の敬愛する人物に注ぐ時である。

信念に関しては岩の様に動ぜず、その他のことに関しては流れに任せること。

最も緩やかな政府が最良である。人民が自分たちを律するからだ。

物事は常に円滑に捉えなさい。

勇気を持った一人の人間は、多数派である。



どんな人生を送れたらいいな、と思いますか。

理想をもって生きていくのは素晴らしいことです。またぜひ叶えて欲しいものです。

理想を現実とする人生を歩んでいけることは多くの方が望んでいることでしょう。

ただ、必ずしも理想を「達成しなければいけない」わけではありません。

人生相談では多くの方のお悩みに接してきました。

「~しなければならない」ことに囚われ過ぎてしまうのは、また大変なことです。

本来の理想が「しなければならないこと」に変化してしまい、苦しみだけになってしまうように感じることもあります。

人生相談は、人生でままならないことをゆっくり相談できる場です。

100人いれば100通りの人生の理想や正解があるはずですが、苦しいだけの目標となってしまっている場合、なかなか自分だけで抜け出すことができづらいでしょう。

たくさんの方の人生相談は、「解決」だけを目的としているわけではありません。

むしろ解決すべきかどうか、自分と向き合うために現実や気持ちを整理するために寄り添っています。人生の中で一時辛い状況があったとしても、人生相談ではどのように整理するかお付き合いしています。

最後までお付き合いする、それが人生相談なのです。

フランソワーズ・モレシャン 

楽しく人と会話するこれはパーティであれ食事会であれコミュニケーションの基本です。  

控えはエレガンスの要素でもありますが過度の控え目は社交性の欠如というよりも他人への思いやりの欠如。 


 バルバラ・ベルクハン 

失敗しないことではなく失敗とどう付き合うかが大事。 やらなくていいことは山ほどある。 

パーフェクトである必要はない力の抜き方を覚えよう。  

スイッチを切ることが大切。 あなたには休養が必要です。 

豊かさとは人生を楽しむこと。 楽しむだけでいいんです。 


木全ミツ 

男社会だと批判しても何も変わらないしその男社会で生きていく以外に選択肢はない。 

自分の体験を通して理想とする社会にしていけばいい。 社会に役立つ存在になって初めて自分の人生は幸せだったと実感できる。

群れに填らない人もいる、だから孤独とも言えない。 自分の特性を生かし、群れないもの同士で関係を築けばいい。 群れが最強ではない、貴女が最高になればいいだけだ。

オノレ・ド・バルザック

上司の権威をつけるための最良の方法は、部下が困っている仕事を解決してやることである。

われわれは幸福も不幸も大げさに考えすぎている。自分で考えているほど幸福でもないし、かといって決して不幸でもない。

法律は蜘蛛の巣である。大きな虫は突き抜け、小さな虫だけが引っかかる。

あらゆる知恵の中で、結婚についての知識が一番遅れている。

不幸は我々に真の友人を教えうるという長所がある。

男の初恋を満足させられるのは、女の最後の恋だけである。

真の情熱というものは美しい花のようなもので、咲き出た土地が痩せ地であればあるほど、ひときわ見る目にも快いものである。

恋愛は、必ずどちらか一方がズルをするゲームだ。

生活習慣は精神を形成し、精神は顔つきを変える。

愛について語ることは、愛することである。

男は年をとると与えるものがなくなり、ただ受け取るばかりだ。恋人を愛するにも、恋人のうちにある自分を愛する。若い頃には自分のうちにある恋人を愛する。

本当に愛している者には、何もかもすべてが愛となる。

愛とは一種の花です。種子が風に吹かれ、落ちたところで開花するのです。

女はその手袋を変えるように、容易に心を変える可愛らしい動物である。

愛することから始めて反感にいたるときには、愛に戻ることはけっしてない。

もしジャーナリズムが存在しないなら、間違ってもこれを発明してはならない。

多くの忘却なくしては人生は暮らしていけない。

情熱の持続時間は、その女性が最初に示した抵抗の大きさに比例する。

過剰な喜びは、どんな悲しみよりも耐えるのが困難である。

女はよき夫を作る天才でなければならない。

指導者は世論の誤りを是正できなくてはならない。たんに世論を代表するだけでは、その責務を果たすことはできない。

「孤独は良いものだ」ということを我々は認めざるを得ない。しかし、「孤独は良いものだ」と話し合うことのできる相手を持つこともまた、一つの喜びである


出会い結婚相談

出会い結婚相談で貴女の人生を幸せに